ニューヨークの高い宿泊費を安く済ませる裏ワザ

全世界から旅行客、business personが集まる大都市New York(ニューヨーク)。行ったことがない人でも、一度はいつか行ってみたいとお考えの方も多いだろう。

しかし、ニューヨーク旅行を計画するにあたり大きな問題が1つある。それは、宿泊費がべらぼうに高いのである。最安値であるバックパッカー御用達のdormitory(ドミトリー)でさえ1泊$50ほどする。しかも、ニューヨークまで来て1泊で終わるはずもないわけで、3泊、4泊するとなるとなかなかの出費となる。

当時、長期間のバックパッカー旅行中であった私は、宿代に費やせる額に限りがあったため、この宿泊費を何とか抑える方法はないかと考えました。そしてその結果、「ニューヨークでは宿泊しない」ということ結論に至りました。

ではどうするのか?どこに泊まるのか?

それはアメリカ合衆国capital, Washington D.C.(ワシントンD.C.)に宿をとる、という手段!

「ワシントンD.C.には行かないから、はい、却下!」と言わず、もう少しだけ読み進めて頂きたい!

スポンサーリンク




ワシントンD.C.まで足を延ばすmeritは2つ!

① 有名かつ歴史的建造物、museumが多い

日本人には観光地としてあまり人気のある都市ではないが、Americanにはもちろんのこと、欧米人には人気のある観光地である。それは、The White House(ホワイトハウス), United States Capitol(アメリカ合衆国議会議事堂), Lincoln Memorial(リンカーン記念館)などなど、誰もが知っている有名な建造物がたくさんあるからです。

せっかくアメリカ東海岸まで来たのなら、ニューヨークだけではなくワシントンD.C.を初め、近郊都市にも足を延ばしてみてはいかがでしょうか?個人的にはワシントンD.C.の方がニューヨークよりも全然おもしろい。

the white house

② 宿泊代がニューヨークと比べると割安

これは調べてみれば一目瞭然だろう。参考までに、私が実際に宿泊した両都市での1日あたりの宿泊費(ホステル)で比較してみましょう。

【ニューヨーク】
Upper Central NYC:$55/day, Continental breakfast (Serial)付

ニューヨークの宿は宿泊費が高い!べらぼうに高い! dormitoryでも宿泊費は最低/泊くらいから。中には安い日本人宿もありますが、...

【ワシントンD.C.】
Downtown Washington Hostel:約$28/day, 朝食なし

別記事「ニューヨークの高い宿泊費を安く済ませる裏ワザ」でWashington D.C.に宿泊することをオススメしました。 そこで、私が実際...

朝食(シリアル)以外は立地条件や設備などほぼ同条件ですが、宿泊費はD.C.だと半分に抑えられます。

【参考】宿泊費を抑えた3都市周遊の旅

個人的にワシントンD.C.にも行きたかったということもあり、宿泊はニューヨークで1泊、D.C.で2泊し、両都市+フィラデルフィアと合計3都市を4日間で廻りました。正直なところかなり慌しいscheduleなので、もう少し日数をかけてゆっくり周遊するが良いですね。

ニューヨーク + ワシントンD.C. + フィラデルフィア 旅行

【1日目】
(AM) NY入り
終日NY観光   NY泊

【2日目】
夕方までNY観光
夕方:NY → D.C.へ移動   D.C.泊

【3日目】
終日D.C.観光   D.C.泊

【4日目】
(AM)  D.C. → フィラデルフィアへ移動
(PM)  フィラデルフィア観光  その後、フィラデルフィア → NYへ移動
(夜) NY観光
(夜中) 空港へ

ここでのpointは、2日目にNYで宿泊せずD.C.に移動して宿泊すること3日目にD.C.でもう一泊して4日目の朝に移動して別都市を観光することです。

Conclusion

私のようにtight scheduleにしなくても、この方法だとNYでの宿泊回数を抑えることができるので、宿泊費を抑制でき、かつワシントンD.C.も観光することができます。

D.C.行きを考えている方、宿泊代を出来るだけ抑えたい方は、この方法も選択肢の1つとして計画してみてください。

ニューヨーク~ワシントンD.C.の移動についてはこちらをcheck it out!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする