マンハッタン(ニューヨークシティ)の道路・交通事情

前回の続き)

Port Authority Bus Terminal から、一路お宿へ!今宵の宿は、Central Park(セントラルパーク)を超えてさらに北側、Harlem(ハーレム)にある。

知らない街をあえて徒歩でぶらつくのが好きな私は、合計20kg以上の荷物を抱えマンハッタン島を北上する。tight scheduleな人や、歩くのが嫌いな人はだまって地下鉄を使うことをおすすめします、ご参考までに。

スポンサーリンク




マンハッタン島(俗に言うニューヨーク)の道路事情は至極わかりやすい

縦長に長いこの島を、東西(地図上横)に走るのがStreet、邦訳されると「〇丁目」と言われます。マンハッタン島の南側(地図上下側)の1st Streetから始まり、北側(地図上上側)の220th streetとなります。

それとは反対に南北(地図上縦)に走るのがAvenue、邦訳されると「〇番街」と言われます。マンハッタン島の東側(地図上右側)の1st Aveから始まり、西側(地図上左側)の12th Aveとなります。

マンハッタン(ニューヨークシティ)の道路・交通事情出典:www.at-newyork.com

street avenue も「通り、道」という意味ですが、ニューヨークの場合なぜ「〇丁目、〇番街」と訳されるのかは不明。映画などで140丁目などと邦訳されているので、日本人の感覚だと馬鹿デカイ街だなと思いますがただの道路の名前です。欧米では日本と違い、どの道路にも名前があるため非常に観光客にわかりやすいと言えます。

マンハッタン島での移動方法

マンハッタン島ではsubwayが南北に何本も走ってるので、南北に移動するときはsubwayで動くと良いです。観光名所で言えば、南は自由の女神があるLiberty Island(リバティ島)行きの船着場付近の駅(いくつかあります)から、北はYankee Stadium(ヤンキースタジアム)までと非常に動きやすいです。

マンハッタン島を東西に移動するのであればlocal buscabの移動になりますが、渋滞も多いので歩くのが好きな方は散歩がてら徒歩でニューヨークを楽しんでみるのも良いでしょう。

次回は、ニューヨークのオアシス、セントラルパーク

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする