シンガポールの遊び方

世界のhub都市として知られるシンガポール。貿易や金融などのbusinessをはじめ、教育や医療、国民所得などをとってみても今や世界有数の国です。

東京23区程度の国土ながら多種多様な文化で形成されており、それらを楽しむのが一番のシンガポールの遊び方と言えるでしょう。そこで今回は、シンガポールへの旅ならではの楽しみ方を独断と偏見でお送りします。

スポンサーリンク




Local food巡り

まず何よりもシンガポール飯は旨い!とくにlocal飯は、下手に小洒落たrestaurantで食べるよりも安くて美味しいので、シンガポールへ足を運んだ際には是非色々な場所で様々な料理を楽しんでみることをオススメします。

シンガポールに友人知人がいる方、business tripで訪れる方は現地の同僚に、美味しいお店を教えてもらったり連れて行ってもらうと、本当のlocal foodsを楽しむことができるでしょう。

Chicken Rice(チキンライス)

シンガポール飯の大定番と言えばチキンライス。日本人好みの味で、またお店によって味が違うので、色々試してみることをオススメします。私は1週間の滞在中に何度も違う場所でチキンライスを食べました。米+タレ+Chicken=旨すぎです!

Satay(サテー)

こちらも大人気のシンガポール飯、サテー。Chicken, mutton, beef, 海老の串焼きで、ちょっと甘めのsourcedipして食べます。当時を思い出しただけでもよだれが出てくる、やみつきになる旨さです!

街巡り

Marina Bay Area(マリーナ・ベイエリア), Little India(リトルインディア), Arab Street Area(アラブ・ストリートエリア), 世界各国でお馴染みのChina Town(チャイナタウン)など、多種多様な文化が集まるシンガポールであるからこそ街中散歩が楽しい。赤道直下の国シンガポールでは、日中の気温が30℃を上回るため熱中症対策、日焼けNGの方はしっかり日焼け防止対策をとって街歩きをしましょう。

Orchard Road(オーチャードロード)

お土産購入に頭を悩むのであれば、とりあえずオーチャードロードに行ってみましょう

オーチャードロード

China Town(チャイナタウン)

世界に点在するチャイナタウンは、勿論ここシンガポールにも。訪問時期はChinese New Year(旧正月)直前ということもあり、夜遅くにも盛り上がりを見せていました。

夜景

シンガポールの友人もオススメするシンガポールの遊び方で外せないのが、大都市ならではの夜景を満喫することでしょう。

マリーナ・ベイ西岸、merlionのあるMerlion Park(マーライオンパーク)周辺から見るlight shows、マリーナ・ベイ・サンズ東側にあるGardens by the bay(ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ)の光のshowsは、シンガポールを訪れたのならば一度は見ておきたい絶景です。

私の力量ではいまいち美しさが伝わらないが、実際はもっと煌びやかで美しい

Marina Bay Sandsマリーナ・ベイ・サンズ)

建物名は知らずとも、誰もが見たことがあるであろう、「3つのbuildingの上に船が乗ってるヤツ」と言えば、Marina Bay Sands(マリーナ・ベイ・サンズ)

マリーナ・ベイ・サンズはhotelですが、56階~57階にあるSands Skypark(サンズスカイパーク)にはお馴染みのpool, 建物内にはcasino, museum, 様々なshoprestaurantがあり、一日中楽しめます。

Skyparkpoolは宿泊客のみ利用できる施設なので、一度は宿泊してその絶景を味わってみたいところです。

残念ながら、私はbusiness tripにつきhotelを選択できず、足を運ぶことができなかったが、次回privateで訪れる時は間違いなくMarina Bay Sandsbookingするだろう。

Photo credit: jp.marinabaysands.com

Conclusion

シンガポールではamusement parkshoppingなども遊び方の1つですが、あえてシンガポールならではの遊び方を抜粋してみました。冒頭でも述べましたが、東京23区程度の国土に様々な文化が凝縮されているのがシンガポールの魅力的なところだと思います。交通機関も発達していますので、うまく利用して遊びつくしましょう。

時間の余裕がある方、2回目以上の訪問の方は、陸路や海路を使ってお隣のマレーシアやインドネシアに足を運んでみるのも良いでしょう。