【高山病対策】マチュピチュやウユニ塩湖への旅で必須の薬はコレだ!

ペルーのマチュピチュやチチカカ湖、Bolivia(ボリビア)のウユニ塩湖への旅を検討している方にとって、schedulingbudgetの計画の他、考慮しておかなければいけない問題と言えば「高山病」です。

スポンサーリンク




高山病とは

高山病とは簡単に言うと、標高2,400~2,500m以上の高地で空気が薄いために発症する症候群です。主な症状は、頭痛、吐き気、目眩、嘔吐などで、下手をすると死に至る可能性もあり、馬鹿にできません。発症には個人差があり、全く発症しない人もいれば、ひどい症状に悩まされる人もいるようです。例えば日本では、富士登山(標高3,776m)中に高山病を発症することがあります。

マチュピチュ(Machu Picchu) 標高約2,400m、クスコ(Cusco、マチュピチュへの旅の拠点)標高約3,400m、チチカカ湖(Titicaca)標高約3,800m、ウユニ塩湖(Uyuni)標高約3,700mとなっており、これらに足を運びたいのであれば、高山病対策は必須と言えるでしょう。

ソローチェピル(Sorojchi Pills)

高山病対策にはいくつかの予防法がありますが、その中の1つが高山病の薬を服用することです。その代表的な薬が、こちらのソローチェピル(Sorojchi Pills)。高山病対策の1つとして知られる薬です。

ソローチェピル

以前、私の友人(筋肉隆々・偏頭痛持ち)が富士登山中に発症、意識朦朧、命からがら下山、高山病の怖さを目の当たりにしたこともあり、just in case念には念をということで、ペルーのクスコ入り前に私も服用しました。

当時、はじめはwebで調べた「ダイアモックス」という薬を探していたが見つからず。下記の薬局のおっちゃんに聞いても英語が全く通じないため定かではないが、このソローチェピルしか置いていないうようです。(2014年9月時点)

購入方法、お値段

リマのホルヘ・チャベス国際空港の2Fのpharmacyで購入が可能。なお、ホルヘ・チャベス国際空港に到着すると、このbrochureと同じadvertisementが壁一面に現れます。

sorojchi pills

あ、あやしい。。。

日本の真反対にあるペルーで見る、平仮名のみを使用した日本語の看板など胡散臭いことこの上ない。。。 まあ、それだけ日本人観光客が多いということでしょう

お値段20pills入りで81 Soles、日本円にして約3,000円になります。ペルーの物価からしたら激高、文無しバックパッカーにとってはなかなか厳しいお値段設定です。

Conclusion

正直なところ、このソローチェピルは万能ではありません。効く人もいれば効かない人もいるなど、体調や体質によって効果は様々なようです。私の場合は、ソローチェピルを服用しかつクスコでの滞在時はその他の予防法をとって十分に備えましたが、頭が少しボーっとするような症状が出ました。もはや、効いてるのか効いてないかもわかりませんでしたlol

保険のつもり気休めのつもりでもよし、もし発症してその後のscheduleが全て狂ってspoilするよりはマシ、旅を楽しめれば安いものと割り切るもよし、ご自身のstanceで購入可否を検討すると良いでしょう。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする