ペルーでの長距離バス移動は黙ってクルスデルスル!

ペルー国内を長距離移動する際、所要時間や安全面を考えると一般的な移動手段は飛行機かバスになりますが、とくに地方都市間の移動や交通費などを考えると長距離bus移動はかかせません。そこで、オススメの長距離bus会社がCruz del Sur(クルスデルスル)社です。

クルスデルスル ロゴURL: busportal.pe

クルスデルスルは1960年創業の老舗bus会社であり、いわゆる高級をウリにしている欧米人旅行者も御用達なペルーの一流企業である。価格はペルー国内の物価からすると高いが、日本の物価感覚で考えれば決して高くない。serviceも確かであり、色々な情報を集める手間や、安心・安全を買うということを考えれば、黙ってクルスデルスルを使ったれ!というのが私の経験からの意見である。他にもオルメーニョ社などの大手bus会社もあり、cost面を考えこちらを利用するバックパッカーの人たちもいるが、私は実際に利用したことがないのでここでは割愛させて頂く。

クルスデルスル バス

南米ではsecurityに関して旅慣れしていようが最新の注意を払わなければいけないが、クルスデルスルではIDや荷物checkはもちろんのこと、防犯のため出発前にstaffが全乗車客をvideo cameraで撮影するので安心して長距離移動することができる。

路線や座席のgradeによってserviceは違うが、これらについてまとめてみましょう。

スポンサーリンク




Seat

基本的にseat gradeVIPRegularの2つ。

クルスデルスル VIPシートPic: www.cruzdelsur.com.pe

こちらはVIP seat. 見ての通り、背もたれをガッツリ倒せて足も投げ出し放題。seat幅も十分あり、移動中も快適に眠れる。

クルスデルスル レギュラーシートPic: www.cruzdelsur.com.pe

こちらはregular seat. 正直これでも十分なほど。文句はない。

移動時間や予算に応じてgradeを決めれば良いでしょう。
参考までに、私はCusco(クスコ)~ Lima(リマ)VIP seat, Lima(リマ)~ Nasca(ナスカ)regular seatと両方利用してみました。長時間の移動であればVIP seatが快適で良いですね。Regular seatも北アメリカ大陸をgreyhound(グレイハウンド)busで3日かけて横断した私にとっては、快適そのもので何の不自由もありませんでした。

Meal

移動時間に応じて複数回の食事や軽食が出される。正直なところ、食事に関してはあまり期待しない方が良いだろう。

クルスデルスル バス 飯

食事はこんな感じ。このほかcoffeesoft drinkが提供される。

saladyogurtが出たこともあったが、私は胃腸がややsenstiveで道中長いということもあり、大事をとって摂取を控えました。事前の情報収集によると、busの中は冷蔵設備がなく食事は常温保管されているため腹を下す人がいるとのことでした。まわりのEuropeanな旅人を観察しても食べてない人が多かったことから、この情報は信憑性が高いと思われる。

私自身bus2F後部座席利用時にstaffや設備を観察した結果、soft drinkの類は常温保管されていたため、やはり冷蔵庫などはなく食料なども常温保管されているものと思われます。なので、車内rest roomはありますが、胃腸の弱い人は生ものの摂取には気をつけたほうが良いでしょう。

Entertainment

車内上映される映画やtouch screenなどでのentertainment(音楽など)では、基本ペルーのものであったりスペイン語になっており、英語対応はあっても日本語対応はありません。

クルスデルスル バス エンターテイメントPic: www.cruzdelsur.com.pe

参考までに、私がナスカからリマへの移動時は、There’s Something About Mary(邦題:メリーに首ったけ) が上映されており、字幕はもちろんSpanishでした。車内では国籍問わずみんな爆笑していました。映画って本当に良いものですね。

バス予約はこちらの記事をcheck it out!!!

クルスデルスルでナスカの地上絵を見に行こう!

その他の路線の料金等詳細は別記事にて!

 

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする