ペルーでの長距離バス移動は黙ってクルスデルスール!

ペルー国内を長距離移動する際、所要時間や安全面を考えると一般的な移動手段は飛行機かバスになりますが、とくに地方都市間の移動や交通費などを考えると長距離bus移動はかかせません。そこで、オススメの長距離bus会社がCruz del Sur(クルスデルスール)社です。

クルスデルスル ロゴURL: busportal.pe

クルスデルスールは1960年創業の老舗bus会社であり、いわゆる高級をウリにしている欧米人旅行者も御用達なペルーの一流企業。価格はペルー国内の物価からすると高いが、日本の物価感覚で考えれば決して高くない。serviceも確かであり、情報を集める手間や、安心・安全を買うということを考えれば、黙ってクルスデルスール!というの個人的見解です。

他にもオルメーニョ社などの大手bus会社もあり、cost面を考えこちらを利用するバックパッカーの人たちもいるが、私は実際に利用したことがないのでここでは割愛させて頂きます。

クルスデルスル バス

南米ではいくら旅慣れしていても、securityに関しては最新の注意を払わなければいけません。クルスデルスール社では、IDや荷物checkはもちろんのこと、防犯のため出発前にstaffが全乗車客をvideo cameraで撮影するため、安心して長距離移動することができます。

つぎに、路線や座席のgradeによってserviceが違うので、これらについてまとめてみましょう。

スポンサーリンク




Seat

基本的にseat gradeVIPRegularの2つ。

クルスデルスル VIPシートPic: www.cruzdelsur.com.pe

こちらはVIP seat. 見ての通り、背もたれをガッツリ倒せて足も投げ出し放題。seat幅も十分あり、移動中も快適に眠れます。

クルスデルスル レギュラーシートPic: www.cruzdelsur.com.pe

こちらはregular seat. 正直これでも十分なほどで、文句などございません。移動時間や予算に応じてgradeを決めると良いでしょう。

【参考】

私はCusco(クスコ)~ Lima(リマ)VIP seat、Lima(リマ)~ Nasca(ナスカ)regular seatと両方利用してみました。

長時間の移動であればVIP seatが快適でオススメ。Regular seatも充分快適で、何の不自由もございませんでした。

Meal

移動時間に応じて複数回の食事や軽食が出されます。正直なところ、食事に関してはあまり期待しない方が良いでしょう。

クルスデルスル バス 飯

食事はこんな感じ。このほかcoffeesoft drinkが提供される。

saladyogurtが出たこともありましたが、事前の情報収集によると、busの中は冷蔵設備がなく食事は常温保管されているため腹を下す人がいるとのこと。胃腸がややsensitiveな私は道中長いということもあり、万が一を想定し摂取を控えました。まわりのEuropean travelersも食べてない人が多かったです。

なお、bus2階後部座席利用時にstaffや設備を観察した結果、soft drinkの類が常温保管されていたため、冷蔵庫等の設備はなく食料も常温保管されている可能性が高いと思われます。

車内にrest roomはありますが、胃腸の弱い方は生ものの摂取には気をつけたほうが良いでしょう。

Entertainment

車内には下の画像のようなtouch screen式の設備が備わっています。しかしながら、上映される映画や音楽はペルーのものであったり言語がSpanishで、英語対応はあっても日本語対応はもちろんございません。

なお、私がナスカ~リマ間で乗車した際、車内ではThere’s Something About Mary(邦題:メリーに首ったけ) Spanish字幕で上映されていました。

クルスデルスル バス エンターテイメントPic: www.cruzdelsur.com.pe

その他の路線の料金等詳細は別記事にて!

【あなだだけにそっと教える、予約方法series

【関連記事:クルスデルスールでナスカの地上絵を見に行こう!】

 

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする