クリスマスツリー発祥地、フランス・アルザス地方のストラスブールに寄ってきた

みなさま、bonjour! ごきげんよう。

11月も半ばを過ぎ、だんだんと肌寒く、そしてChristmasの雰囲気が醸し出されてきました。

By the way, Christmas treeはフランス北東部のアルザス地方が発祥地ってご存知でしたか?

今回はluckyなことに、海外出張中にこのアルザス地方の一都市、ドイツとの国境近くに位置するストラスブールに立ち寄る機会がありました。しかも、現地フランス人同僚の案内付き。

ということで、今回はフランスのストラスブールネタを少々お届けいたします。

スポンサーリンク




世界文化遺産のストラスブールのグラン・ディル

ストラスブールは長い歴史上、ドイツ・フランス間で幾度も互いの占領下に置かれ、支配国が変わり続けた街。そんなこともあり、今では欧州のいくつかの重要機関の本部が置かれている街でもあります。

そのストラスブールの中心地でイル川に囲まれた島状の区域があり、グラン・ディルと言われ世界文化遺産に指定されています。

Grandeile

フランス人の同僚が、ストラスブールの歴史を街の模型を使って説明してくれている図。

一同寒空の中だが、真剣に聞き入る。

strasbourg1

街の中をぞろぞろ練り歩く。既に結構寒いが、街の雰囲気が素敵で楽しい。

strasbourg

普通の街並みなのに、ただただ美しい。

ノートルダム大聖堂

1439年に建設された高さ142mのノートルダム大聖堂は、ストラスブールのlandmark。自身初のヨーロッパだっただけに、欧風建築物にやや興奮。外観は威風堂々たる佇まい。それにしてもデカイ!

Notre-Dame

展望台にも登れるらしいが、訪れた時は残念ながら時間的に既に遅し。出張の合間に訪れたので仕方あるまい。諦めて聖堂内に入ってみる。

Notre-Dame_inside

へたくそ写真からでさえ伝わる荘厳さと静寂。オーストラリアやマカオ、そして長崎などで教会を訪れたことはあるが、このノートルダム大聖堂はちょっと別格。私史上最も印象に残るthe best of church.

L'Horloge Astronomique

それはそれは立派な天文時計。からくり人形が仕込まれているらしい。

街中からのノートルダム大聖堂。画になる。腕の悪さ上、写真の軸が若干曲がってるが。

Christmas tree発祥の地だが…

「この辺はChristmas treeの発祥地で、ここにも巨大なChristmas treeが立つんだ。」とフランス人同僚。

が、11月初旬はストラスブールを訪れるには少々早すぎたようだ。

Christmas tree place

何もねぇ。。。

もう少しするとこのクレベール広場には、巨大なChristmas treeが出現しワイワイするらしいが、この時は残念ながらこの状態。

Pl. KleberCredit: https://abcplanet.com/strasbourg-christmas-market/cheap-flights-budget-hotels-travel-deals/

似たような角度からの画像を拝借。実際は絶対楽しいやつじゃん!絶対美しいやつじゃん!そういや、ニューヨークのロックフェラーセンターも時季外れに訪れて何もなかったじゃん。

無念であります。

ニューヨークのデカイクリスマスツリーといえばロックフェラーセンター
Rockefeller Center(ロックフェラーセンター)は毎年12月上旬に行われるChristmas Treeの点灯式で有名。半地下の...

Christmas shop

しかしながら、街角のお店も少しずつChristmas支度。流石本場のChristmas decoration。風情があります。

Restaurant : Le Clou (ル・クルー)

そそくさと街歩きをした後は、予約されているrestaurantで夕飯。実はそれなりに評判がいいとこのようで、Le Clouというnice ambianceなrestaurant.

総勢約30名でワイワイ

Picon

フランス人同僚のオススメ、orange風味のbeer、ピコンがうまい。乾杯は一同こいつで。

tarte flambee

アルザス料理のタルト・フランベをいただく。最初から最後のdessertまで全部このタルト・フランベだったことにはちょっと笑えたが。美味しいので全然構わんですけどね。

なお、dessertのapple pie的タルト・フランベには、brandyをかけてフランベしておいしくいただきました。

【要保存】ユーロ圏渡航時に役立つ外貨両替と3種の外貨準備テクニック
当websiteで好評頂いておりますお得な外貨両替関連記事ですが、今回はユーロ圏渡航の際のお得なユーロの準備方法と両替方法をshareしてい...

Review

ストラスブールはとっても良いとこ。時間の余裕さえあれば、もっとゆっくり街歩きをしたり、イル川を遊覧船で廻ってみたいところ。また、12月のChristmas marketで賑わう頃にも是非一度は訪れたいですね。

自身初フランス訪問でしたが、観光だけではなく、食べ物飲み物も非常に美味しく、さすがの御フランスでございました。出張中はドイツ飯ばかりだったので、余計に美味しく感じたのかもしれませんが。

ストラスブールはこじんまりとした街なので、丸一日あれば十分楽しめるかと思われます。また、首都パリからもTGVで1時間50分とaccessibleですので、お近くにお越しの際は是非足を運んでみると良いでしょう。

私もいつかまたストラスブールへ戻ってきたいと思います。

では、Au voir!

外貨両替に定評のあるマネパカードを利用・検証してみた
海外旅行をするほとんどの方が「お得に外貨両替したい」と考えていることでしょう。その反面、為替rateや手数料等を考えるのは面倒と言う方も多い...
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする