イースター島への行き方は2つのみ!

イースター島 モアイ アフトンガリキ

一度は行っておきたい国(都市)、死ぬ前に一度は的ranking常連なイースター島。そう、モアイが沢山ある遠い遠い南の島です。

人が住む最寄な島まで約2,000km、タヒチまで約4,000km、南アメリカ大陸のチリまで約3,800km、まさに絶海の孤島イースター島。お近くにお寄りの際は是非、といってもこれだけの距離があるが、chanceがあれば多少無理をしてでも足を運んでいただきたい場所です!

行き方は至ってsimple!

スポンサーリンク




行き方① タヒチ経由で

日本からaccessしやすい方法は、このタヒチ経由でしょう。日本からタヒチまでは直行便が出てますし、タヒチ滞在中にjet lagも和らぐでしょう。そして、ついでにふらっとイースター島まで寄り道してしまいましょう。

行き方➁ チリの首都サンティアゴ(サンチャゴ)から

南米をまわっている旅人、世界一周中の旅人がよく使うrouteがこちらの方法。南米からイースター島へ入るため、ついでにペルーやチリを観光できるというのが大きな利点です。なんとも羨ましいgorgeousな方法です。

しかし、日本からこちらのrouteでイースター島へ行く場合、USAなどを経由するため、移動時間や金銭的負担が大きく、地球の反対側へ飛ぶためjet lagとも戦わなければいけません

南米や世界一周中の旅人にはpopularrouteですが、日本からとなるとrichな方々を除き、なかなかhardな道のりと言えるでしょう。

AirlineはLAN航空のみ

イースター島への航空路線はLAN航空の独占になっており、airlinecompareする必要がありません。よって価格を抑えたいのであれば、渡航時期を考慮すると良いでしょう。

なお、日本の大型連休時は言うまでもないですが、近年はボリビアのウユニ塩湖旅行のbest seasonである1~3月に合わせてイースター島へ行く人が多いので、混雑及び価格が上がる傾向があります。

LAN航空 イースター島 サンティアゴ チリURL: airwingmedia.com

Conclusion

上記の通り、イースター島までの行き方は2通りしかなく、日本からだと時間もお金もかなり掛かるので、行けるような機会がある方は多少無理をしてでも行ってみた方が良い、否、行くべきでしょう!

ちなみに、イースター島は行ってしまえばどうにかなるので、あえてguideを付けたい人やどうしても不安な人以外はtourの類は使わなくてもなんとかなるでしょう!

 

イースター島の関連記事や航空券のbookingはこちらをcheck it out!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする