外貨両替に定評のあるマネパカードを利用・検証してみた

海外旅行をするほとんどの方が「お得に外貨両替したい」と考えていることでしょう。その反面、為替rateや手数料等を考えるのは面倒と言う方も多いことと思われます。

外貨両替のお得な方法を検索した方は、一度は目にしたことがあるかもしれません。

外貨両替に定評のある「マネパカード」

しかし、発行元のマネーパートナーズ(以下マネパ)のwebsiteは良いことしか謳っていないのではないだろうか?また、多くの情報と丁寧な説明でマネパカードの比較分析をしているwebsiteも見受けられますが、為替や外貨両替に苦手意識がある方にとっては少々難しいかもしれません。

そこで今回は、実際にマネパカードを利用&検証し外貨両替や海外旅行に適しているのか否か、また一番お得な使用方法を、外貨両替に苦手意識のある方にもわかりやすいようにまとめてshareいたします。

スポンサーリンク




そもそも、マネパカードとはなんぞや?

一言で申し上げると、マネパカードはprepaid cardです。読んで字の如く、prepaid(前払い)で事前にcashcard入金して使用するもので、credit cardではありません。少し乱暴ですが、SuicaやICOCAなどと同じようなものと考えればわかりやすいでしょう。

マネパカードの特徴

日本円をはじめ、米ドル、ユーロ、ポンド、豪ドル、香港ドルの6通貨を入金して使用できるprepaid cardです。

マネパカードを上記外貨の支払いで使用する場合、事前にマネパwebsite上で外貨両替が必要になります。その外貨両替には、「FX口座経由」と「マネパカード口座経由」の2つの外貨両替方法があります。

「FX口座経由」は、マネパカード口座とFX口座の2つを開設する必要がありますが、「マネパカード口座経由」よりも有利な為替rateで外貨両替することができます。

「マネパカード口座経由」は、マネパカード口座開設のみで利用できますが、「FX口座経由」と比べると為替rateはそれほど優遇されていません(後述)

※なお、渡航先にてATMで現地通貨の引き出しも可能ですが、手数料等を考慮するとお得な方法とは言えないので、本記事では説明を省略します。

マネパカードの使い方

使用方法は至極簡単。MasterCard対応店でcredit cardと同じように使うだけ。日本国内・海外問わず、Master Card取扱店であれば、世界各国どこでも使用できます。

マネパカードのメリットデメリット

マネパカードが6通貨対応の使い方簡単なprepaid cardだということは、ご理解いただけたことでしょう。

それでは次に、実際にマネパカードを使用してみて感じたmerit, demeritを独断と偏見で簡潔にまとめます。

Merit

① 「FX口座経由」で外貨両替するのであれば、最もお得な為替rateで外貨両替できる

➁ 国内で円決済する場合のみ、キャッシュバックポイントあり

Demerit

① 「マネパカード口座経由」で外貨両替する場合、外貨両替為替rateはそれほど良くない

➁ Prepaid cardのため、事前に入金した分しか支払いできない

為替レート

マネパカード利用時の為替rateは本当にお得なのか、その他外貨両替方法の為替rateと比較検証してみましょう。

この際注目すべき点は単純に、”両替為替rate”、credit card使用時は”換算rate”を見ればOK。「為替手数料」や「海外事務手数料」など、いわゆる外貨両替costの類は上記rateに既に含まれているため、小難しいことは考える必要ありません。

私が実際にマネパFX口座経由で外貨両替した以下の条件で検証します。

通貨:ユーロ
日時:2017年10月27日
リアルタイム為替レート:1EUR=132.265円
※リアルタイム為替レート:今現在外国為替市場で取引されている為替rate

1. マネパFX口座経由

少し見づらいですが、下のscreenshotの備考欄に”EUR/JPY600@132.465”という記載があります。これは1EUR=132.465円で600EURに外貨両替したということを表しています。

つまり、この場合の両替為替rateは、1EUR=132.465円となります。

2. マネパカード口座経由

マネパカード口座経由での外貨両替為替rateは、ユーロであればリアルタイム為替レートに約1円を上乗せた金額になります。マネパFX口座経由の両替と比較すると、約80銭割高になります。

リアルタイム為替レートは1EUR=132.265円ですので、マネパカード口座経由で外貨両替した場合は、1EUR≒133.265円となります。

なお、各通貨によってリアルタイム為替レートに上乗せされる金額(cost)は異なってきます(詳細は後述)。

3. 銀行(三菱東京UFJ銀行)

三大メガバンクグループの一角、MUFGの2017年10月27日の両替為替rateは下のようになります。

円からユーロに両替する場合の為替rateは、1EUR=136.73円となります。

MUFG両替為替rate:http://www.bk.mufg.jp/gdocs/kinri/list_j/kinri/tvl_check.html

4. Credit card (VISA)

Credit cardの代表格、VISAの外貨両替為替rateはどうでしょうか?上述した通り、credit cardの場合は”換算rate”に着目すればokです。

同日のVISA換算rateは下のscreenshotの通り、1EUR=136.685円となります。

なお、VISA換算rateの内訳は下記のようになります。

VISA換算rate = credit card会社の交換rate + 両替cost(約1.6~2%)

また、今回の検証では両替costを、三井住友カードや楽天カードで適用されている1.63%で計算しています。

VISA換算ratehttps://www.visaeurope.com/making-payments/exchange-rates

これら4つの両替方法を比較すると、

FX口座経由 マネパカード口座経由 MUFG VISA
132.465円  133.265円 136.73円 136.685円

たしかに、マネパFX口座経由での両替為替rateは一番お得と言えそうです。

各通貨の両替為替rateを、両替costから比較検証

上記両替為替rateはユーロで比較しましたが、その他通貨もざっくりと調べてみましょう。

両替為替rate(換算rate)= リアルタイム為替レート + 両替costですので、両替costに注目すればおのずとどの両替方法がお得か見えてきます。

下図は、日本円から米ドル、ユーロ、ポンド、豪ドル、香港ドルに両替時の両替costをまとめたものです。

 

FX口座経由

マネパカード口座経由 MUFG
VISA
米ドル 一律20銭 80銭 約2.5~3円 約2~2.7円
ユーロ 1円 約3.5~4.5円 約2.8~4.5円
ポンド 1.3円 約11.8~12円 約2.5~4.8円
豪ドル 70銭 約9.4~9.8円 約1.7~2.6円
香港ドル 30銭 約2.4円 約25~32銭

※MUFGとVISAのcostは、3営業日の価格rangeを提示。

香港ドルは各両替方法の両替costの差は小さいですが、その他通貨、特にポンドと豪ドルは両替方法によって両替costの差はかなり異なります。

例えば、リアルタイム為替レートが1豪ドル=100円の場合、FX口座経由の両替為替rateは100.2円(100円+両替cost20銭)となりますが、銀行(MUFG)だと約109.5円前後(100円+両替cost9.5円)となります。

仮に10万円を豪ドルに両替した場合、FX口座経由だと998豪ドル、銀行での両替だと913.24豪ドルになります。その差は84.76豪ドルとなり、日本円にして8,476円も違ってきます。

検証結果

実際のユーロへ両替時の為替rateや各両替costで比較してみても、マネパFX口座経由での外貨両替は最もお得と言えます。

とくに、マネパの別serviceである”外貨空港受取サービス”に適用されていない豪ドル、香港ドルであれば、マネパカード利用時の恩恵は高いでしょう。

【空港受取サービス詳細記事】

海外旅行、海外留学にもオススメの最強外貨両替方法
いきなりですが、あなたは海外旅行の際にどこで日本円を米ドルなどの外貨に両替していますか? 近所の銀行? Hey, Come ooon!!...

利便性

次に、マネパカードの利便性を検証してみましょう。cash、credit card、マネパカードの3つで比較します。

Cash

いつでもどこでも使えるcashは最も利便性が高いと言えます。とくに10ドル~20ドル(ユーロ、ポンド等も同様)程度の小額紙幣や硬貨は最強です。

日本と違い、海外では高額紙幣が使用できない場所も多々あり、また、お釣りがないなどの理由で支払い拒否をされることもしばしばですが、小額紙幣や硬貨はどこでも使えて万能です。

余談ですが、日本では厄介者扱い、もはや存在を忘れ去られていると言っても過言ではない二千円札ですが、海外では20ドルや20ユーロなどほぼ同等価値に値する紙幣は、非常に便利で財布に入れておきたい紙幣です。

Photo Credit: http://www.thestewardshipsentinel.com/2011/09/cash-only-giver.html

casher前でこのようなsignもよく見る光景。

Credit card

Credit cardは、local restaurantbusなどの公共の交通機関利用時には使用できないことも多いため、cashと比べると決済手段としてはやや利便性は劣るでしょう。

Cashの場合はcredit cardを持っていなくても支払いが全くできなくなるといったことは起きませんが、さすがにcredit cardだけで海外を旅したり生活することは、ATMで現金を入手でもしない限り非常に困難で現実的ではありません。また、USAやカナダ等tip文化の国ではやはりcashは必要です。

しかしながらcredit cardであれば、大量のcash所持が不要であったり、外貨が余った際も帰国前に日本円への再両替が不要、海外旅行保険付帯のcredit cardなど、決済手段以外での利便性があります。また、credit card独自のpointが溜まるなどの特典もあります。

これらを考慮すると、海外旅行保険付帯や好還元のcredit cardを1枚所持しておくと便利でしょう。エポスカードは海外旅行保険が自動付帯でETCカードも年会費無料で作成できるので便利です。私はエポスカードを普段使いはしませんが、海外旅行時に携帯&ETCカード利用するために利用しています。

マネパカード

決済手段としての使い勝手の良さという点ではcredit cardと同様ですが、prepaid cardという性質上、事前にcardに現金を入金しておく必要があったり、card内の残額が不足している場合は、現金を補填するまでは支払不可となるなど、何かと不便さを感じることがあります。

また残念ながら、マネパカードには海外旅行保険は付帯しておりませんので、この点も利便性としては少々劣ります。

これらを考慮すると、マネパカードはcash、credit cardと比較すると、利便性では劣るでしょう。

Conclusion

マネパカードは以下の4条件を満たした上で利用すれば、最もお得で利用価値が高いと言えるでしょう。

① マネパのFX口座を開設

➁ FX口座経由で外貨両替

➂ 米ドル、ユーロ、ポンド、豪ドル、香港ドルの5通貨のみで使用

➂ Cash、credit cardと併用して利用

④ 海外ATMは利用しない

なお、私も上記条件のもと、臨機応変にマネパカードを利用しています。マネパカード作成、FX口座開設・維持は無料ですので、興味がある方やどうしようか迷っている方は、物は試しで一度利用してみると良いでしょう。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする