エアーズロック(ウルル)の遊び方

オーストラリアの代表的な観光地の1つがUrulu、通称エアーズロックだ。ウルルは1872年に西洋人に発見され、当時の南オーストラリア植民地総督Henry AyersにちなんでAyers Rockと名付けられたのが名前の由来。

ウルルとは先住民Aborigine(アボリジニ)の呼び名だが、それ以前からウルルを聖地として崇めてきた彼らにとっては、後からやって来たよそ者が勝手に「エアーズロック」などと知らぬおっさんの名前をつけられたのだから失礼極まりない話である。

今では正式名称はウルルになっており、Aussieと話していてもエアーズロックと言うよりウルルと呼ぶ方が一般的だったのを覚えている。私も渡豪以来、先住民への尊敬の念を込めてウルルと言うことにしている。

エアーズロック ウルル オーストラリアUrulu

ウルルの周辺にはKata Tjuta(カタジュタ) もあり、これはアボリジニの言葉で「たくさんの頭」を意味する。オルガ岩群とも言われ、ウルルと同じく1872年に西洋人に発見され、当時のスペイン王妃にちなんでOlgasと名付けられた。

アボリジニにとっては、後からやって来たよそ者に勝手に「オルガ」などと知らぬおばさんの名前をつけられたのだから失礼極まりない話である。

ウルル・カタジュタの一帯はウルル・カタジュタ国立公園とされていて、世界遺産(自然・文化複合遺産)になっています。

カタジュタ オーストラリアKata Tjuta

Btw, 話を本題に移しましょう。
では、このウルル周辺をどうやって遊び倒すか?

a rental car(レンタカーは和製英語)かmotorcycle(単車)を借りて自らまわる!

に限ります。

Aussie向けのbusUruluを周遊する団体tourも試してみましたが、今一つもの足りません。やはり、自分の気の向くままに動き周るほうがよりexcitingでしょう。

スポンサーリンク




複数人で行くならゼッタイ車!

一人旅で車を借りるとなるとかなり割高になりますが、複数人で行くならrental 代やgasoline 代も割り勘することができるので、間違いなく車を借りたほうが良いでしょう。

心配するなかれ!国立公園内はほぼ1本道のため、迷うことの方が逆に難しい。しかも、オーストラリアの道路は日本と同じ左側通行、right steering wheel(右ハンドル)なので、日本で運転するのとほとんど同じです。

ただし、まわりは一面大自然。急な動物の飛び出しもあり得るので、その点だけは頭に入れておく必要があるでしょう。

エアーズロック ウルル レンタカーURL:www.theinlandsea.com.au

単車乗りは黙ってHarley Davidson

もし、あなたが単車野郎なら、黙ってHarley Davidsonを借りて世界遺産を駆け抜けてやりましょう!

お値段は張るが、否、depositがべらぼうに高いが、間違いなく良い思い出になります!また、なかなか単車を借りてまで遊ぶ人は稀のため、話のネタにもなること間違いなしです。Aussieと話す機会があると、必ずと言っていいほどこの話になり、大いに盛り上がることができますlol

レンタルバイク ハーレーダビットソン エアーズロック ウルル現地 rental shop 店にて

当時(2012年10月)は、rental shopで直接借りても旅行会社を通しても値段が同じだったため、ブリスベンのナビツアーさん(現在ブリスベン支店はありません)を通してrentしました。

車も単車もrental shopは観光の拠点となるAyers Rock Resort(エアーズロックリゾート)にあるので、現地で借りることもできますが、internetで事前に予約しておいた方が良いでしょう。

rental 料金や旅の詳細などは別記事にて。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする