アメリカ英語とイギリス英語、勉強するならどちら?

英語は大きく分けると2種類に大別することができます。英語の母国のイギリス英語か、現在の世界の中心と言えるUSAのアメリカ英語(米語)の2つです。

勉強するならどちらがいいの?

このような疑問や質問は非常に多く、海外へ語学留学を検討する場合には、まず英語が良いのか米語が良いのかといったことが大きな選択となってきます。

正直なところ、どちらがいいのかといった明確な答えはなく、全てあなた次第でどちらでも好きな方にすれば良いと言えます。両者に多少の違いはあれど、大きく分けて英語は英語、我々日本人にとっては大きな問題や違いはありません。

強いて言うならば、どこで何のために英語を使いたいかということを念頭におくと良いかもしれません。

スポンサーリンク




イギリス英語向けの方

英国領系やヨーロッパを中心に活動をするのであればイギリス英語が良いでしょう。オーストラリアやニュージーランドへの留学を検討している方も、両国はイギリス連邦加盟国ですのでやはりイギリス英語が良いでしょう。

なお、Europeanの話す英語はイギリス英語がbaseとなっている場合が多く、英語留学の際にも地理的にUKに行く人が多いです(according to French friend)。また、好きこそものの上手なれですから、UK rockやヨーロッパ文化が好きであればイギリス英語の方が良いと言えます。

発音に関しては、アメリカでイギリス英語を使うと馬鹿にされることがあります。映画Terminator(ターミネーター)でおなじみのArnold Schwarzenegger(アーノルド・シュワルツェネガー)もUSAに拠を移した際に、英語が伝わらずアメリカ英語に矯正したという逸話があります。

また私の実体験ですが、相手に話しかけても理解されない、もしくは理解しようとする素振りも見せられないで軽くあしらわれたといったことがあります。私の場合はAsia人に対する差別的な要素、またはただ単に発音が悪かっただけかもしれません。

しかしながら、私のオーストラリア英語baseのイギリス英語であっても、USAの旅の最中で会話に大きな支障をきたすことはありませんでした。

アメリカ英語とイギリス英語画像: www.fourthday.co.uk

アメリカ英語向けの方

USA(アメリカ)やカナダといった北米、またはアメリカの支配下にあった諸国を中心に活動するのであればアメリカ英語が良いでしょう。また、映画や音楽などUSA entertainmentが好きな方、日本で英語をしっかり勉強されている方も、馴染みのあるアメリカ英語が良いといえるでしょう。

発音に関してはイギリス英語と同じく、イギリスでアメリカ英語を使うと馬鹿にされることがあるといいます。両国ともそれぞれ自分たちのprideがおありのようです。

世界中を股にかけたい方

国、地域、人種を問わず世界中で活動をしたい方は、イギリス英語とアメリカ英語の両方の理解が必要でしょう。

英語はnative speakerだけではなく、世界共通言語として世界中で使用されています。世界中を活動拠点にするのであれば、イギリス訛りだからわかりづらい、アメリカ英語だから聞きやすいなど、このような言い訳は通用しません。

privateな活動ならともかく、businessの世界では様々な国籍の人が話す英語を理解しなければいけません。ですから、イギリス英語やアメリカ英語といった小さなことにこだわってはいられないのです。

郷に入れば郷に従えというように、相手に対する敬意を持って世界共通画言語である英語を駆使しましょう。

各英語の特徴についてはこちらをcheck it out!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする