カタカナ英語なんかやめちまえ!

巷にはそれはそれはどうしようもない「和製英語」や「外来語」いわゆるカタカナ英語があふれております。

「あのノートパソコン使ってるサラリーマン、うちのマンションのお隣さんなのよー」

酷いものです。

「次回のクライアントとのアポイントメントでフォーキャスト出すにはエビデンスが必要」

外資企業の日本人同士の会話でよくある光景。発音やaccentは完全にカタカナ読みのカタカナ英語です。

これらを正しい英語と勘違いしてしまうから、日本人の英語は総体的に見てしょうもないんです。もはや英語学習の障害でしかありません。

 

スポンサーリンク




問題点 その1 「発音を覚えられない」

これが最大の問題であり、英語学習の障害であります。

そもそも英語には日本語には存在しない多くの発音があります。例えば “th”, “r”, “v”, “f”などです。

“This is my friend.”

カタカナで書けば「ディス イズ マイ フレンド」。しかし、このように発音すると、状況によってはこのような簡単な文章でも通じません。というのは、“this”の発音は発音記号で表すとðís”。これは日本語にはない発音で、カタカナでも表現できないんです。これを無理やり日本語にすると「ディス」になりますが、これを発音記号にすると “dís”になってしまいます。この音はnative speakerからするとまったく違う音に聞こえるんです。this(ðís)の意味は「これ」ですが、ディス(dís)の意味は「非難する」になってしまい、大きく意味が変わってしまいます。

日本人にとっては音の違いがわかりづらいですが、実際私がオーストラリア留学をしていたとき、“there”“this”を「ゼア」「ディス」と発音していたら理解してもらえないことがかなり多かった覚えがあります。“Thank you”なども同じで“th”の発音は日本語にない発音をする代表的なものの1つです。よく言われる “L” や “R” の違いだけではないんですね。なので、カタカナ英語は発音を身につける上で大きな障害になるのです。

発音記号英語の発音記号はこんなにある。 Pic credit: evaeaston.com

問題点 その2 「spellingを覚えられない」

外来語をわざわざ無理やりカタカナ表記にするからspellingをなかなか覚えられず、しかもカタカナで日本語読みをするから、日本人の英語は通じないと言われるのです。Native speakerでも子どものうちはspellingの勉強をします。日本人が漢字を勉強するのと同じ感覚でしょう。彼らでも時間を割いて勉強するということは、我々はもっと時間を費やさなければいけません。それをカタカナ表記にすることは非効率以外の何ものでもありません。

spelling-patternsURL: www.allaboutlearningpress.com

しかし、これは自論になりますが、カタカナに置き換えるのではなく、そのままalphabetで単語を覚えてしまえば、spellingも英語特有の発音もいっぺんに覚えられるわけです。一石二鳥ってやつです。例えば「コミュニケーション」ではなく “communication”で覚えてしまえば、綴りを覚えてしまうばかりでなく、accentや発音も覚えられます。また、よく言われる「コミュニケーション」なのか「コミニュケーション」なのかというのも、本来のspellingを知っていればどちらがカタカナ表示の場合正しいのかがわかるのです。

問題点 その3 「和製英語を正しい英語と勘違いして覚える」

そもそもこれは英語圏に存在しない単語、native speakerに通じるわけが無い。もしくは、本来の意味と違う使われ方で使ってしまい大きな誤解を生むことになる。しかし、我々にとって正しい英語のように聞こえるからタチが悪い。

オートバイ、サラリーマン、ホチキス、ノートパソコン、ウインカー、タイムアップ、レディーファースト…

これらはほとんど通じないか、一応通じるけど実は間違っている和製英語です。ホチキスなんて“hot kiss”と誤解されますlol

hot kissいわゆる、ホッチキスlol  pic credit: quotes.lol-rofl.com

正解は順に、motorcycle, office worker, stapler, laptop, indicator, time is up, ladies first です。

有名すぎる例ですが、mansion(マンション)に住んでるなんて言ったら、あなたは御曹司かご令嬢かと勘違いされますlol  意味は「豪邸」ですから。  日本で言うマンションはapartment flatなので、あなたが本当に御曹司やご令嬢でない限り、自宅はmansionだと言わない方が賢明でしょうlol

だからカタカナ英語なんてやめちまえ!

上記の問題点は、実際に私が海外生活時の経験談や失敗談であったり、勉強しながら感じたことです。そして、それを修正するのに長い年月をかけています(現在に至るまで)。

ただでさえ、他の言語を習得するには時間も労力もかかるものです。ですから、効率良く効果的に英語を習得するには、カタカナ英語をやめてしまうのが一番なのです。

カタカナ英語による日本人の発音あるあると、発音矯正法はこちらの記事をcheck it out!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする