英語勉強法 中級者篇

あなたの英語戦闘力は4000!

エリート出のナッパさんです。

nappa

英語戦闘力高めのあなたには下記の学習法がオススメ!

スポンサーリンク




1. Grammarをさらに鍛錬!

これまでの復習を兼ねて、intermediate levelのEnglish Grammar in Useで英文法のreviewをすると良いでしょう。

いやいや!英語にはそれなりに自信があるよという猛者なあなたには、上級levelのAdvanced Grammar in Useで英文法の総仕上げを。ここまでやれば、文法学習は完全に卒業です。

つまらん英語文法の勉強に絶対オススメのGrammar in Use
【2019年6月23日改訂】英語の文法ってsuper つまらないですよね?それは間違いなく、日本語で理論的にグダグダやるからなんです。副詞、関係代名詞、仮定法過去...Bull s**t!!!しかし、英文法を勉強するのに最強の、もはやその右

2. Vocabularyのさらなる向上を!

こちらも言わずと知れたbest seller. 普通のvocabularyだけではなく、phrasal verbsも多く含まれています。Phrasal verbsは実際の英会話では頻発するためとても重要ですが、こちらのDuo 3.0では、phrasal verbsが随所に散りばめられているため効果的に学習できます。

また、1sectionあたりだいたい10~15の例題で構成されていますが、各sectionが短編storyのようになっており、単語をmemorizeしやすいように工夫されています。

読み書きだけではなく、音でinputすべし!

Duo 3.0 と合わせて下記のDuo 3.0 CD版も利用することを強くオススメします。英単語は読んで暗記するだけではなく、正しい発音を身に付けるためにも「音」で記憶することが非常に重要。Listeningの鍛錬にもなるということは言うまでもないでしょう。

3. Outputに注力し、実践で使える英語戦闘力を備えるべし!

どんなに英文法を理解し語彙力を備えようと、outputつまりspeakingやwritingができなければ実践では何の役にも立ちません。典型的な日本式英語学習で一番おろそかになる部分で、日本人は英語が使えないと揶揄される大きな理由の一つです。

SpeakingやWritingを向上させる方法は、ただひたすらoutputを飽くなき繰り返すこと。間違えたって気にしない、発音がカッコ悪かろうが、変な表現だろうが、聞き手や読み手にしかめっ面されようが、挫けずに楽しんでoutputしましょう。

Writing

一番長続きでき自分のpaceで練習できるのは、instagram, twitter, FacebookなどのSNSを英語で使ってみてはいかがでしょうか?また、schedule管理、memoをとる、日記を書くなども英語でtryするのもオススメ。工夫次第でいくらでも鍛錬可能です。

Speaking

一番のオススメはやはり、短期でも構わないので海外留学してしまうことです。本気で言ってます。

しかしながら、いきなり海外留学では少々敷居が高いかもしれません。そこで、日本国内にいながらSpeakingの鍛錬をするのであれば、下記のようなものにtryしてみることをオススメします。

  • Meetupなどの各種英語系communityやeventに参加
  • 英会話cafe
  • Clubbingで外国人と交流
  • 外国人が住むshare houseで生活
  • Online英会話

昨今は、必ずしも大金をはたかなくても英会話を実践できる上記のようなcommunityが沢山あります。とりあえず色々試してみて、自分の性に合った長く続けられそうなものを見つけられると、楽しくお財布にも優しいoutput trainingができるでしょう。

注意点

日本だけではなく世界でEnglish speakerは売り手市場にあります。いざactivityに参加してみたら日本人ばかりだったり、日本人女性が目的の外国人男性ばかりといったことは少なくありません。

とくに、日本人女性がtroubleに巻き込まれるといった話は稀ですが実際に起きているので、activityに参加する際は適度な緊張感を忘れずに楽しみましょう。

Conclusion

中級levelの方は、文法・英単語など基礎を固めながら、Writing, Speakingといったoutputする頻度を意識して高めるようにして、balance良く英語力を磨いていきましょう。

Pic: Dragon Ball

このlevelでは物足りないあなたは英語勉強法 上級者篇へ!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする