英語学習で必要な3つのこと

中学1年で習う単語すら全く知らなかった、くそったれな私がいかに英語学習をしたのか?

巷には、掃いて捨てるほどの英語教材がありますが、

  • 正直、どの教材が良いのか全然わからん!

  • 購入してみたはいいが、今、埃かぶってるし。。。

  • おもしろくないから長続きしないのよね。

  • 英語は話せるようになりたいけど、学校の授業のような英語学習はもうウンザリ!

出典: charleneburke.com

という状態に陥っていませんか?

私はその昔、上の全てに当てはまりました。洋画や洋楽は好きなのに、「英語=学校の英語の授業=つまらん」という固定概念が強すぎて、勉強のmotivationが全然上がりませんでした。完全なる英語allergyというやつでした。

このような状況から英語学習を始め、そこそこ英語を使えるようになった今だからこそ、どのように英語学習に向き合えば良いのかがわかります。とても簡単な以下の3つのことです。

  • 楽しむ(楽しい)こと

  • 長期・中期・短期の目標を持つこと

  • 目標を必ず達成するという、「断固たる決意」をすること

スポンサーリンク




楽しむ(楽しい)こと

英語というものは言語であり、communication toolに過ぎません。また、通常人とのcommunicationは楽しいことです。ですから、そのcommunicationをとる時に使われる英語というものは、「楽しい」ものでなければいけません。英語学習は学校や先生に課せられる、課題や罰ではないのです。

個人の性格や英語力によって楽しむ方法は色々あるでしょう。語学力が高い人であれば、様々な人とどんどん話す、映画を観るなどが良いかもしれません。

一方、簡単な英単語や文法さえわからない人であれば、まずは”あれ?意外に理解できる”、”おや?英語って思ったより楽しい”、と思えるような簡単なことから始めると、英語が楽しくなってきます。

このように自分で工夫して英語学習を「楽しむ」ことが、簡単なことですがとても重要なことなのです。

長期・中期・短期の目標を持つこと

これは英語学習に限ったことではないですね。あなたの最終目標は何なのか?そのために中期的に何をする必要があるのか?ならば今、何をする必要があるのか?長期目標から掘り下げて、今すべきことまで具体的に落とし込む。当たり前のことですが、英語学習にもこの作業が必要であり、そのために、長期・中 期・短期目標を設定する必要があるのです。

参考までに私のことを少し書きましょう。

私の英語学習においての最終目標business sceneで使える英語力を備えるということでした。そのために、留学2年目の時点でbusiness collegeに入学するという計画を立てました。入学には中上級以上の英語力が必要なので、初めの1年で英語力0から入学基準値まで持っていく必要があります(中期目標)。そうすると、今自分が何をどれだけやらなければいけないのか、ということが明確になるのです(短期目標)。その結果、カナダの現地企業で働く(internship)といったbusiness sceneでも通用する英語力を身に付けることが出来ました。

このように、長・中・短期目標を設定すれば、英語学習を地道にコツコツと続けることができ、最終目標を必ず達成することができるでしょう。

目標を必ず達成するという、「断固たる決意」

それなりの覚悟を決めることは、夢であったり、挫折であったり、悔しさであったり、人それぞれきっかけが必要かもしれません。しかし、きっかけは何であれ、英語を必ず習得する、目標を必ず達成するという「断固たる決意」さえあれば、あなたの英語学習は必ずうまくいきます。

Profileで 少し触れていますが、私の場合、英語力0で短期留学をし、英語習得は気合いや勢いの類だけではどうにもならないということを現地で身を持って実感しました。そして、そこで初めて本当に覚悟を決めて泥臭く一から勉強をするという「断固たる決意」を決めたのです。覚悟を決めた後の英語学習は簡単なものでした。ただ我武者羅にやるだけで良いのですから。

 

英語学習はworkout(筋トレ)dietと同じ、簡単な方法、楽な方法はございません!事を為すには何事も多大なenergyが必要なのです!しかし、この3つさえ備えればあなたは勝ったも同然です!なぜならば、英語力0だったくそったれな私が、この3つだけで英語が使えるようになったのですから。あなたにできないはずがないのです!

I COULD DO IT, SO YOU CAN DO IT!!!

→ 英語力をこちらで診断して、あなたに合った勉強法にtryしよう!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする