バンクーバーには日本人が多いのか?

バンクーバーには日本人が多いとよく聞きますよね?

留学都市を考える上での、バンクーバーとは、留学生の活動の中心となる学校やhome stay, share houseなどがある、いわゆるバンクーバー市内という認識でよろしいかと思います。

では、その答えは?

中国人が多い!

冗談ではなく事実と言えば事実ですが、結論としてはやはりバンクーバーには日本人が比較的多いと言えるでしょう。これは私自身が海外留学で長期滞在した、オーストラリアのパース、ブリスベン、そして観光で訪れたカナダの最大都市トロントと比較するとということになります。

Internet上には様々な情報が氾濫しているため、渡航前のあなたにとってはどの情報が正しいのかを判断するのは極めて難しいでしょう。バンクーバーの留学agentsはそんなことないと否定する傾向がありますし、他国の留学agentsは日本人が多いと批判する傾向にあります。

そこで、実際に2カ国3都市で生活した経験を基に、独断と偏見で考察していきます。

スポンサーリンク




Downtownは日本人が多い?

Yes.

基本的にどの国どの都市でもそうですが、downtownなど街の中心地には日本人だけではなく、多くの留学生が好んで住んでいます。その理由は、ほとんどの語学学校がdowntownに立地しているため、交通費を浮かせられる、終電などを気にせず遅くまで遊んでいられる、といった交通事情や遊びを考慮するというのがほとんどと言えます。公共の交通手段以外を持っていない語学留学生が、ダウンタウンに集まりやすいというのは、自然の流れといえるかもしれません。

しかしバンクーバーのdowntownは、街の規模に対し日本人の人口密度はかなり多いと感じます。ダウンタウンを歩けばたくさんの日本人を見かけ、日本語がどこからか聞こえてくるといったことも多いというのが実際のところです。

郊外には日本人やアジア人が少なく、カナダ人が多い?

通学圏内(Zone 1~2)にはアジア系の移民が多い。

バンクーバー ゾーン出典:forum.lowyat.net

バンクーバーの公共交通機関は運賃にZone制というものをとっていて、downtownを基準とし距離が離れていくにつれてZone1, 2, 3 となっています。(上図参照)
通学時間や交通費などを考えると、留学生にとってZone1~2に住むのが現実的であり、ほとんどの留学生がこの圏内に住んでいるというのが現状です。Zone3に住んでいるという留学生は聞いたことがありません。

私はZone1とZone2との境界線くらいの場所に住んでいましたが、近隣の住人はほとんど移民系の人たちです。とくに中国系やフィリピン系の人がかなり多かった印象で、しかも年配の中国人は英語が通じない人が多く、中国語のradioや新聞を手にする人もかなり多く目にしました。

1年弱の滞在でしたのでよく知らない場所も多いですが、肌感覚としてZone1~2areaにはかなり多くのアジア系の移民が多いといえるでしょう。

バンクーバーの方がトロントより日本人が多い?

おそらくYes.

バンクーバー カナダ 日本人 多い出典:http://www.ca.emb-japan.go.jp/JapaneseSite/Ryoji/

すでに肌感覚としてバンクーバーの方がトロントより日本人が多いと上述しましたが、参考までにdetaを調べてみました。2012年のdetaなので少し古く、また州ごとの統計ですので大まかではありますが、参考になるでしょう。

バンクーバーはブリティッシュコロンビア州(以下BC)、トロントはオンタリオ州(以下ON)に属します。それぞれ州最大の都市になります。①総数、そして留学者が含まれると思われる②長期滞在者数をみても、BC内の在留邦人数の方がONよりも多いことがわかります。また、街の規模はバンクーバーに比べトロントは格段に大きく、市域面積はバンクーバー114.71 km2 に対し、トロント630.18 km2 と5倍以上あります。これを見ても、バンクーバーの日本人の人口密度はトロントよりも高いのではと推測することができます。

Conclusion

以上のように、感覚的にも統計的にもバンクーバーには多くの日本人が滞在しているということがいえるでしょう。しかし、日本人が多いか少ないかを吟味する意味はありますが、留学をする上では最重要事項ではありません。重要なことは、あなた自身のmotivationをしっかりと保つことです。このことを忘れずに留学生活に励めれば、例え日本人が多い場所であったとしても充実した日々を送ることができるでしょう。

バンクーバーやカナダ留学関連記事はこちらをcheck it out!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする