バンクーバー(カナダ)の良いところ 4選!

バンクーバー(カナダ)ってどんなとこ?

留学前は留学候補地の情報や雰囲気が気になるものですよね?

そこで今回は、別記事:オーストラリアの良いところに引き続き、私が約1年留学生活で過ごしたカナダはバンクーバーの良いところを、独断と偏見に基づいて紹介しましょう。

スポンサーリンク




それほど寒くない

正直なところ、想定していたほど寒くなかったというのが滞在時の印象です。とはいえ、北海道よりも緯度が高いので、もちろんそれなりに寒いです。カナダの中で一番と言っていいほど温暖なバンクーバーでも、真冬の明朝や夜中の気温は氷点下になります。しかし、寒い国なので暖房設備はしっかりしており、家の中ではbathroomを含む家全体にheaterが付いてます。ちなみに、私のshare mateBrazilianFilipinoは真冬でもT-shirtで過ごす程、屋内設備はしっかりとしております。

日本にいるような防寒着、ヒートテックなどを装備すればとくに問題ないでしょう。心配な方は現地で本場のCanada Goose(カナダグース)などを調達するのもありでしょう。バンクーバーの気温は、東京よりちょっと寒い程度かな、というのが私の個人的な感想です。

バンクーバー ダウンタウンにて2013年11月下旬 バンクーバー ダウンタウンにて

ちなみに、真冬のトロントは-30度まで下がることもあるようですが、外に出なくても駅からofficeに入れるなど、街全体の設備がしっかりしているそうです。反対に夏はかなり暑いようです。

気軽にスノボに行ける

ウィスラー カナダ出典: www.crystal-lodge.com

Snowboardingが好きな人にはたまらないでしょう。バンクーバー付近にはいくつか山があり、一番近いGrouse Mountain (グラウスマウンテン)ならdowntownからlocal busなどで1時間位で行くことができます。現地の人たちは、自宅からwearbootsを既に装備し、板を裸のまま持って山に行きます。2010年にバンクーバーオリンピックが開催されたWhisler/Blackcomb Mt.(ウィスラー/ブラッコムマウンテン)にも片道約2時間、日帰りでも行くことができます。

あなたがsnowboarder, skierなら、一度は絶対ウィスラー・ブラッコムに行くことをオススメします!

USAや南米に気軽に行ける

南米 イースター島 チリ

日本からだと地球の反対側にある南北アメリカ大陸。そこへcostも時間もさほどかけずに行けるというのは大きな魅力でしょう。バンクーバーからSeattle(シアトル), トロントからニューヨークは陸路でも簡単に行くことができますし、島国育ちの日本人にとって陸路で国境を渡るというのは、初めはとても新鮮なものです。

また、Mexico(メキシコ)などの中南米、マチュピチュやナスカで有名なPeru(ペルー)Brazil(ブラジル)などの南米に旅行に行く日本人留学生も少なくありません。私は、backpackを担いで北米~南米を1ヶ月ほど一人旅をしましたし、南米を数ヶ月backpacker(バックパッカー)旅をした友人もいます。日本からは遠い北米や南米の旅は、あなたの話ネタの引き出しの1つになること間違いなしでしょう。

【2017年11月改訂】 そうだ、マチュピチュへ行こう! そう決めて、マチュピチュへの行き方をネット調べてみたはいいが、無数の情報で混乱...
イースター島は太平洋上にある絶海の孤島。モアイ像の建つ小さな島として有名なことは説明するまでもございません。そのイースター島に訪れたのであれ...

生き抜くのに苦労しない (初級者向け)

ザ・サバイバー ジョン・ランボー 出典: dcinehd.com

留学中には勉学や遊びだけではなく、やらなければいけないことがたくさんあります。銀行口座を開設する、share house(シェアハウス)を探す、part time job(アルバイト)を探す、食糧を買い料理するなどなど、大げさに言ってしまえば、survivalが必要になります。

英語力に自信のない人や初めての海外生活で不安に感じる人もいるでしょう。しかし、バンクーバーは日本人のcommunityが多く、困ることはほとんど無いと言えます。銀行やrestaurantには日本人従業員がいますし、ジャパレス(日本食restaurant)も多く、仕事探しも選ばなければ困ることはさほどありません。

カナダ第3の都市、バンクーバー。 2010年冬季オリンピックの開催地として、はたまた1年の半分ほどは雨やどんよりした曇りの日が多いことか...

日本人にとってバンクーバーは、長期生活するのにさほど困らない環境で、旅行やwinter sportsなどのactivityも楽しめる場所と言えるでしょう。

その他、バンクーバーやカナダ関連記事はこちら

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする