日本を知るということ

いきなりですが、あなたはどのくらい日本のことを知っていますか?

「日本のこと」といっても多種多様なものがあります。For instance,

  • 文化、風習

  • 歴史

  • 政治、経済

  • 日本のマナー

  • お勧めの観光地や料理

これらのことを詳しく説明したり、紹介することができますか?または、これらのことに対して自分の意見があり、主張することができますか?

残念なことですが、日本人は他国の人たちと比べると、かなりと言ってよいほど自分の国のことを知りません。それとは反対に、他国の人たちは年齢や性別に関係なく、自分たちの国のことを多少なりとも理解し、自分の意見を主張できる人が多いです。

スポンサーリンク




自分の国をよく理解している外国人

私の友人の1人にVenezuelan guyがいます。彼は若干18歳ですが、自国の政治や経済のことを理解していて、その現状と自分の意見を私に熱心に話してくれました。かと言って、彼が堅物かというとそうではありません。Intelligentな男ですが、party, hot girl 大好きなよくいる陽気な若いLatinoです。

多くの日本人の若者にとっては政治や経済の話は堅苦しいだけかも知れませんが、海外ではもっと身近なことなのかもしれません。遠い南米の国Venezuelaについて詳しくは知らなかったし、知っていたのはキレイなおねーちゃんが多いということだけでしたが、彼のおかげで色々勉強になったことは言うまでもありません。

うわべだけの日常会話だけではなく、このような会話もできるというのが、本当の意味でのcommunicationであり、英語が話せるということなのではないでしょうか?

薄っぺらい日本人

では、majorityの日本人留学生はどうでしょうか?

実際のところ、日本人留学生の英語の読み書きなどの基礎能力は高いです。英語が好きであったり得意な人、高学歴なeliteな人たちが多いからでしょう。

ただ、もったいない!!!

正直に言えば、”うすっぺらい”。世間話、当たり障りの無い話ばかりで、その他の話ができない、否、知らないのです。自分の考えや信念を持っている人も少ない。私が通っていた語学学校のAussieの先生も「内容の無い話だけじゃなく、色々なことを話せるようになれ」と、よく言っていたことを今でも覚えています。

日常英会話というものは、海外生活をするとそこそこできるようになります。しかし、さらに英語力を伸ばそうとすると、世界共通の時事問題の認識であったり、それに対する自分の意見、自己主張などのcommunication skill など、その他のものが間違いなく必要になります。

残念ながら、多くの日本人の方にはこれらの意識や認識が足りないというのが正直なところでしょう。

留学前に日本を改めてふりかえってみよう!

出典: http://img-cdn.hopetrip.com.hk/2014/0218/20140218050141223.jpg

世界で通用するために

真の意味でinternationalな人間というのは、国籍を問わず様々な人たちと議論をしたり、相手を理解することができる人のことなのではないでしょうか?決してただただ英語が出来ればいいということではないのです。

そのためにまず重要なことが、”自国のこと、日本のことを知ること”なのです。見識を深め、自分の意見を臆せず主張できるようになれば、うわべばかりの話だけではなく、もう一歩踏み込んだ中身の濃い話ができるようになるのです。それに応じて英語力もcommunication skillも自然にさらに伸びていくのです。

 「彼を知り、己を知れば、百戦して危うからず」

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする