留学したら語学学校には何ヶ月通えばいい?

ワーホリなどで語学留学する場合、必ず決める必要があるものの1つが、語学学校への通学期間です。

夏休みなどで短期留学する場合や、ワーキングホリデービザを使って留学する場合、通学期間は限られてしまいますが、学生ビザで留学を考えている場合、通学期間は自分で通いたいだけ通うことができます。

じゃあ、どのくらい通えばいいの?

私が実際に通学し、また多くの友人の通学期間や意見も考察した上でオススメする期間は、

最長で6ヶ月です。

スポンサーリンク




理由 その1:6ヶ月もあれば英語環境になれる

語学学校の良いところは、まず英語環境であることです。Speaking, Listening, Reading and Writing全てが英語になります。英語が得意な人であっても、初めの頃は会話となると大変なものですし、初級者ならばなおさらです。

しかしながら、2~3ヶ月も経てば英語levelに関わらず、communicationをとることに慣れてくるものです。そうすれば、あとは自分のmotivation次第で、学校に行かずともいくらでも英語環境をつくることはできるのです。

理由 その2:語学学校で習うことは、実は自分で勉強できる

数ヶ月語学学校に通うと気づくことがあります。それは、「これ、学校じゃなくても自分で出来る」ということです。

正直なところ、語学学校で習う英単語や文法というのは独学でいくらでも勉強できる内容です。もちろん、学校側も色々工夫してより自然に英語力が伸びるような環境を作っていますし、宿題やexamなど勉強をしなければいけない環境があるというのは良いことです。SpeakingListeningも友達との日常会話とは違った形でskillを伸ばすことはできます。

しかしながら、語学学校はあくまで英語の基本を学ぶための場所です。本当の英語力は学校以外でも伸ばせること、決して安くない学費を考えての費用対効果を考えると、語学学校への通学期間は最長でも6ヶ月くらいあれば充分でしょう。

理由 その3:ダレる

語学学校 あきる出典:www.spinedu.com

私の友人の中には1年間語学学校に通っていた人(主に日本人)もいました。しかし、大体入学してから6ヶ月ほどたつとみんなダレてくるのです。真面目な方であってもです。そして、「1年は長すぎた」と、口を揃えて言います。

通常、学費は前納で一定期間が経つと返金されないため、もったいないから最後までみんな通います。しかしながら、skipするようになったり、motivationkeepできなかったりするようです。

Class levelや学習内容は上がっていっても基本毎日同じような学校生活ですし、ビザの発行条件が厳しい南米人やワーホリビザで通学している人は通学期間が6ヶ月以下の傾向にあるので、友達がどんどん卒業したりと、最初は刺激的だった毎日が退屈になるのでしょう。

理由 その4:他の事に時間を費やせる

そもそも、学習するということは学校で勉強することだけではありません。現地で仕事をしたり、色々なactivityに参加したり、どこか旅行に行ったりなど全てが学習です。学校外での方が英語も含め、よりたくさんのことを勉強できるといっても過言ではありません。留学するにあたって、お金などの資金も大事なものの1つですが、時間の使い方はもっと大事なことです。

Conclusion

あなたの留学エージェントはこのようなことを言わないかもしれません。学校側からkickbackがあるからです。しかし、私や私の友人知人の行動を振り返ってみると、上記4つの理由により、最長でも6ヶ月も行けば十分だと言えるでしょう。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする