英語力の目安 留学先学校篇

語学留学する前に「英語力をこのくらいつける!」といった目標を持つことはとても重要です。なぜならば、語学留学をしたはいいけれど、最終的に大して英語力も付かずに帰国という方がかなり多いからです。海外の友達もたくさんできて、英語で簡単なcommunicationがとれるようになって、「あー楽しかった」で終わってしまうのです。

世界を見る、異国文化に触れる、global communicationを肌で学ぶということは、どれも大事なことであり、海外留学の醍醐味でもあります。しかしながら、折角大きな決断をして時間とお金を使って留学するのですから、遊びも勉強もメリハリをつけてしっかり使える英語力を身につけなければ非常にもったいないですよね?

そこで今回は、英語力の目安を留学先の学校を照準にして以下にまとめてみます。

スポンサーリンク




 現地専門学校以上を目指せ!

まず、専門学校入学には公立、私立問わず入学基準があります。つまり、ある程度英語力がないと入学すらさせてもらえないのです。この時点でぐっとhardleが上がります。

そして、そこに通う生徒はその入学基準を突破した第二言語である英語力に長けた猛者、もしくは現地のnative speakerです。これが意味するものは、友人やclassmate、自分の置かれる環境が英語力の高い人たちによって囲まれるということです。正直に申し上げて、語学を学ぶための語学学校とは世界が全く違います。

英語ができる前提で自分が興味のある専門分野(e.g.Business,Marketing,International Trading,Hospitality…)を学ぶため、新しい知識が身につくことはもちろんのこと、report, debate, presentationなどを日々こなすことで、卒業する頃には英語力も自然と格段に上がります。

自分でも実感できる英語力の上達ぶりに、またhardだけれども充実したschool lifeを送ることで、帰国時には胸を張ってしっかり海外留学してきたと言えることができます。

英語力の目安 学校篇1出典元: stepwest.wordpress.com

語学学校ならUpper Intermediate以上を目指せ!

語学学校でもUpper Intermediate 以上になってくると周囲の環境が変わります。このlevel は語学学校の中でも高度なprogram(e.g. IELTS, Cambridge, Business…)を選択できるようになります。また、提携している現地専門学校や大学にも、入学条件として求められるlevelupper intermediateです。

なお、IELTSは欧米では専門学校や大学の入学基準として必要とされているため、多くのEuropeanがIELTS取得を目的にこれらのprogramを受講しています。基本的に、欧米人の英語levelAsia圏の人たちと比べ格段に高いため、彼らと肩を並べてprogramに励むことは、英語力を大きく伸ばす良き環境とも言えるでしょう。

 英語力の目安 IELTS出典元: http://www.ieltswritingtutor.com/

Conclusion

目の前に具体的な目標があるかないかでは、通学にも勉強にも気合いの入り方が変わってきます。語学留学中に明確な目標がないと生活がダラダラしてしまい、SNSやYouTube三昧、母国語を多用など、海外まできて何やってるの?という状態に陥りがちです。

平日の通学時はこれでもかというくらい勉強に励み、週末などのoffの時にはしっかり羽を伸ばして徹底的に遊ぶといったメリハリのある生活が、最終的な海外留学の成果を左右すると言っても過言ではありません。

実践で使えるしっかりとした英語力を身に付けるためには、専門学校・語学学校のupper intermediate level以上を目標にして、厳しい環境でしっかり勉強することを強くおすすめします。

英語力の目安はこちらもcheck it out!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする