カナダ一覧

スポンサーリンク

長距離バス移動 トロント~ニューヨーク

パープルラインのシャトルバスでターミナルまで戻り、トロント行きのバスを待つ。ナイアガラフォールズは、地理的にトロントとニューヨークの間に位置するが、運行本数と運賃を考えるとトロントに一旦戻ってからニューヨークに行くのが良いのです。しかし、ここでまたアクシデント!!! なんと、我々が乗車するはずのバスが

実は世界遺産でもなんでもないナイアガラの滝に行ってきた!

カナダの中で行っておきたかった場所の1つ。あいにくの、どんより曇り空ではあるが、近づくにつれて聞こえる轟音と、少しずつ見えてくる滝の一部に心躍る!ついに辿り着いた!TVでよく観た光景!今やTVやinternetでいくらでもキレイな景色を楽しめるとはいえ、やはり自分の目で見るというのは全然違う。

宿予約はアクセスの良さと口コミ評価をしっかり調べんと大変なことになる

予約時に伝えていた到着時間より大幅に遅れようやく到着。3日間に及ぶ移動を考慮して、ゆっくりできるシングルルームをあらかじめ予約。長旅バックパッカー旅行では、贅沢の極み。とにかく荷物全部降ろして、3日間の垢を流さなければ!が!もう、この日はついてなかったんだろうね。

ナイアガラフォールズ市内での移動はシャトルバスで

トロントより2時間かけ、8pmようやくナイアガラフォールズ着。さあ、今夜は久々にゆっくりシャワーを浴びてベッドでゆっくり寝れる!なんせ3日ぶりだ!全部で20kgほどの荷物を担いで放浪している結果、すでに足には2箇所の水ぶくれ。ゆっくり休める!そんな期待を胸に、ターミナルのおっちゃんに話しかける。

長距離バス移動 トロントからナイアガラの滝への行き方

トロントに訪れた方で、Niagara Falls(ナイアガラの滝)にも行くという人も多いでしょう。そこで私も利用した、トロント発、長距離バスで行くナイアガラフォールズへの行き方を簡単にまとめてみます。バス会社 Greyhound(グレイハウンド)。バンクーバーからトロントへの横断に引き続き

長距離バス移動 北米バス会社BIG3をまとめてみた

以前もチラッと書きましたが、北米(カナダ・アメリカ)長距離移動で考えられるpopularな公共交通手段は鉄道、バス、飛行機になるでしょう。そこで、今回はこの中でもバックパッカー御用達、運営人御推薦の安価な長距離バスのBIG3社についてまとめてみましょう。グレイハウンド、通称グレハン。 路線数が膨大

トロントの長距離バスの拠点 トロントコーチターミナル

トロント発着の長距離バスの拠点となるのが、トロントコーチターミナルです。グレイハウンド社やメガバス社などをはじめ北米を走る長距離バスが出入りするgiant terminal. バンクーバー等west side、ナイアガラフォールズ, ニューヨーク方面まで、ここから何処へでも移動できます。場所はダウンタウンの

カナダ最大都市、トロントを徘徊

バンクーバーを出て3日目。明朝トロント着。目的地は?とくになしlol 否、showerとふかふかのbedが欲しい!(切実)しかし、しいて言えばCNタワーとロジャーズセンターくらいね。That's it!!! ありがたいことにこの2つ、同じ場所に並んでるというわけで!で、こいつの右側に

アメリカ大陸横断をなめるな!

3日間のバス移動というのは想像以上にしんどい... Bedでゆっくり寝れないのは言うまでもなく、showerを浴びることも許されない!お子様だろうが、綺麗なオネーチャンだろうが、である。食事は定期的に停まる場所で摂る程度である。Dunkin' Donuts, Burger King, 小さなrestauant

長距離バス移動 バンクーバー発、アメリカ大陸横断

1ヶ月の北南米1人旅。とりあえず普段なかなかできないこと、大陸というやつを横断してやろうと決断。出発の地は、2010年冬季オリンピック開催地として記憶に新しい、バンクーバー。約1年留学先として過ごしたこの地を発つことにした。その手段は3つ!さくっとflight(飛行機) 優雅にVIA Rail(鉄道)

スポンサーリンク