スポンサーリンク

外貨両替に定評のあるマネパカードを利用・検証してみた

海外旅行をするほとんどの方が「お得に外貨両替したい」と考えていることでしょう。その反面、為替レートや手数料等を考えるのは面倒と言う方も多いことと思われます。外貨両替のお得な方法を検索した方は、一度は目にしたことがあるかもしれません。外貨両替に定評のある「マネパカード」しかし、発行元のマネーパートナーズ(以下マネパ)

【要保存】マチュピチュへの行き方をまとめてみた

そうだ、マチュピチュへ行こう!そう決めて、マチュピチュへの行き方をネット調べてみたはいいが、無数の情報で混乱しているそこのあなた!私もマチュピチュへ旅する前は同じ状態でしたので、その気持ち痛いほどわかります。そんなあなたのため、こちらにマチュピチュへの行き方をまとめてみました。マチュピチュまでの大まかな流れ → リマ → クスコ → マチュピチュ村(アグアスカリエンテス)→ マチュピチュ日本や他国から空路でペルーに入国してマチュピチュを目指す場合、

イースター島への行き方は2ルートのみ!

一度は行っておきたい国(都市)、死ぬ前に一度は的ランキング常連なイースター島。そう、モアイが沢山ある遠い遠い南の島です。人が住む最寄な島まで約2,000km、タヒチまで約4,000km、南アメリカ大陸のチリまで約3,800km、まさに絶海の孤島イースター島。お近くにお寄りの際は是非、といってもこれだけの距離がありますが、機会があれば多少無理をしてでも足を運んでいただきたい場所です!行き方は至極シンプル! 行き方① タヒチ経由で

香港の遊び方

2017年現在、ロンドンやニューヨーク、シンガポール、そして東京と並び世界都市の1つとなった香港。むしろ近年の様々な調査結果では、土地価格や物価価格は既に東京を抜き去っています。香港には親日家が多く、香港人の友人によると、何度も訪日している友人知人が多いようです。なお、2016年の香港人観光客は183.9万人にのぼり

これだけはおさえておきたい!イースター島の厳選モアイ5種

ラパ・ヌイ、通称イースター島に何体のモアイが存在しているか、あなたはご存知ですか?その数およそ900体!島のあちらこちらに点在していますが、さすがにこの数になると全てを見て周るのは非常に困難です。また、島内散策序盤は初めて見るモアイに興奮を抑えきれませんが、後半になると同じようなモアイに正直見飽きてしまいます。

英文法の勉強、まずはEssential Grammar in Useから!

当サイトで好評を頂いております、"つまらない英語文法の勉強に絶対オススメのGrammar in Use"で紹介している名著Grammar in Use seriesですが、レベル分けをすると初級の"Essential Grammar in Use"、中級の"English Grammar in Use"、そして上級の"Advanced Grammar in Use"の3つに大別されます。そこで今回は初級レベルであるEssential Grammar in Useについて掘り下げて書いていきます。

シンガポールの遊び方

世界のハブ都市として知られるシンガポール。貿易や金融などのビジネスをはじめ、教育や医療、国民所得などをとってみても今や世界有数の国です。東京23区程度の国土ながら多種多様な文化で形成されており、それらを楽しむのが一番のシンガポールの遊び方と言えるでしょう。そこで今回は、シンガポールへの旅ならではの楽しみ方を独断と偏見で

【要保存】日本円から香港ドルへの最強両替方法

当サイトおなじみになりました各国通貨へのお得な外貨両替方法ですが、今回は日本円から香港ドルへの最強の両替方法をシェアしたいと思います!香港到着時は勿論のこと、マカオのカジノで大勝ち、日本帰国前に香港ドルから日本円に外貨両替したいラッキーな方にもオススメです!まずは、両替の基本を確認しましょう。1.日本で外貨両替しない

イースター島の遊び方

イースター島は太平洋上にある絶海の孤島。モアイ像の建つ小さな島として有名なことは説明するまでもございません。そのイースター島に訪れたのであれば、モアイ巡りは当たり前のこと、イースター島をより満喫する楽しみ方をシェアいたします。

スポンサーリンク